トップページ > よくある質問

よくある質問

ご入会について

授業の体験や見学はできますか。

はい、できます。
アイルでは、全クラスご要望に応じたクラスの見学、もしくは体験が可能です。 事前にHP内送信フォームもしくはフリーダイヤル、各教室までお申し込み下さい。

質問一覧に戻る

入会したい場合、どのようにすればよいですか。

まずはフリーダイヤルもしくは各教室までお問い合わせ下さい。
授業見学や体験をお勧めするとともに、まずは各教室責任者が詳しいご説明を差し上げます。1年生から3年生までは簡単な面接、4年生以上は面接+入会テスト(算数・国語について、主に小学校での既習範囲から出題)を実施しております。

質問一覧に戻る

入会テストの得点で落とされることはありますか。

最低限の基準はありますが、点数だけでふるいをかけることはありません。
アイルでは、入塾時の学力ではなく、その後の「伸び」を大切にしています。
したがって入会テストはあくまでもクラス分けや入塾後の指導の目安として行っています。 むしろ、本人やご家庭の意志や集団での学習に適応するための態度などを重視しているとお考えください。

質問一覧に戻る

何年生から塾に通うべきですか。

保護者の方や本人が思い立ったタイミングが一番です。
中学入試を目指す場合、できるだけ早い取り組みが後々の余裕につながります。 また、低学年時にしか養えない感性や感覚的理解能力などの向上には、学校の授業だけでは不十分です。
カリキュラム上は、4年生から6年生までの3年間のなかで何度も繰り返しをかけていきますが、低学年時から取り組んだ方が余裕を持った学習が進められることはいうまでもありません。

質問一覧に戻る

年度途中からの入塾は、ついていくことができないのではないかと心配です。

ご心配はいりません。
アイルでは中途入会バックアッププランを、中途入会ご希望のお子様ひとりひとりに合わせた形で作成し、フォロー計画を提示し、実施しております。
このフォローは授業合流後も、お子様の学習状況やご負担に応じて継続して行う場合がございます。もちろんすべて無料です。

質問一覧に戻る

習い事をやめる必要はありますか。

その必要はありません。
アイルの通塾曜日は、6年生でも週3日となっています。
習い事や趣味は、それ以後の人生を豊かにするひとつの手段だと私たちは考えています。 限られた時間や条件のなかでどのように目標に向かっていくか、それを考えることこそが、人生における成功計画の第一段階でもあるでしょう。
実際、多くの塾生が習い事と中学受験とを両立して合格を勝ち取っています。
ぜひ、続けさせてあげてください。

質問一覧に戻る

小学校の宿題が多くて両立できるかどうか心配です。

十分、両立できます。
アイルの授業は、受験学年でも週に3回で、宿題も塾のない日に各教科30~40分程度で終わるものが中心です。 まずは学校の宿題をやってから、塾の宿題に取り組んでも大きな負担にはならないでしょう。
また、アイルで教えることは、中学受験に関する「知識」だけではありません。 本当に大切なのは、「学び方」や「学習の方法論」の習得にあります。
こうしたアイルの授業に参加していただくことで、これまで時間がかかっていた小学校の宿題も短時間でできるようになっていきます。

質問一覧に戻る

兄弟姉妹で通塾した場合、特典はありますか。

はい、ございます。
現在または以前に兄姉がアイル・Wings・啓仁館にご在籍の場合は、入会金は不要です。 また、兄弟姉妹が同時に本科へご在籍の場合は、弟妹の方のテスト代を除く月額費用・夏期加算額および講習費を半額とさせていただきます。

質問一覧に戻る

授業料以外にかかる費用はありますか。

すべてを「入会案内」(ご請求ください)のなかに明示しています。
アイルでは、指導時間に応じたTerm(あるいは復習講座・講習)ごとの指導料・テスト代などから月額費用を算出し、透明性のあるものにしております。
したがって、本科コースを受講される場合、月額費用以外にかかるものとしては、入会時にお支払いいただく入会金、半期ごとの教材費に加え、春期・冬期講習費(夏期につきましては夏期加算額を提示しております)のみとなっています。
別途、テスト会への入会費用・施設費・光熱費などは必要ございません。
また、途中入会や退会時につきましては、Term(あるいは復習講座・講習)ごとの精算をしております。

質問一覧に戻る

共働きなので、塾の学習を常に見てやることができませんが、大丈夫ですか。

ご心配はいりません。
アイルの学習システムは「復習方式」を採用しています。
したがって、ご家庭でご両親が横について学習を逐一見ていただく必要はありません。
学習内容についてはお任せいただき、ご家庭の方には主にお子様への励ましや声かけをお願いしています。

質問一覧に戻る

アイルのシステムについて

授業に予習は必要ですか。

予習は必要ありません。
アイルでは、家庭学習を復習の場と位置づけています。
したがって、授業内容をあらかじめ家庭で学習してくる必要はありません。
実際に小学生がひとりで新しい単元を予習することは困難であり、膨大な時間がかかる上、せっかくの授業にかえって集中できない弊害もあるからです。

質問一覧に戻る

1クラスの定員は何名ですか。

4年生は10名程度、5・6年生は15~20名です。
具体的には、教室や学年によって異なりますが、例年6年生の1クラスの人数を平均すると約19名です。

質問一覧に戻る

休んだときにフォローはしていただけますか。

必要なフォロー(無料)を適宜行っております。
複数クラス設置学年につきましては、基本的に他クラスへの振り替え受講が可能です。またそうでない場合にも、補習や指示など必要なフォローを行っています。

質問一覧に戻る

分からないときの質問や自習はできますか。

もちろんできます。
各教室に自習スペースを用意するとともに、授業時間外の質問には常に応じられるような体制をとっております。
また、授業終了後には質問・フォロータイムを設け、なかなか質問を言い出しにくいお子様でも気軽に質問ができる雰囲気作りを心がけています。 すべて無料でご利用が可能です。

質問一覧に戻る

アイルの学習システム、カリキュラムが目標としているのは何ですか。

広島におけるすべての私国立中学入試です。
アイル「本科コース」では、広島地区の中学入試突破を目標にカリキュラムやシステムを組んでいます。
したがって、広島地区で出題された問題演習、入試演習の時間も多くなりますから、ご家庭で過去問をご購入になる必要はありません。

質問一覧に戻る

深夜まで授業や居残りがある塾があると聞いて不安を感じています。

そういったご心配は不要です。
小学生の体力や学校生活を考えた場合、あまりの長時間におよぶ授業や居残り学習は弊害の方が大きいと考えています。
アイルの正規授業は、6年生でも20時10分までです。 また、各演習やフォローなどを含めても、21時15分にはすべての講義が終了いたします。
その分、自習室や質問の時間を早い時間帯より設置しております。

質問一覧に戻る

テストが多いとそれに追われるばかりと聞きましたが、実際にはどうでしょうか。

アイルのテストは、余裕をもった2週間ごとの開催です。
アイルでは、4年生以上の本科クラスで、2週間に一度、到達度確認テスト(COMPASS)を実施しています。(夏期タームは毎週末がCOMPASSとなっています)
COMPASSに対しては、子ども達それぞれが目標と計画を持って臨むツールと時間を用意し、追われるのではなく「追いかける」テストとして位置づけています。
毎週テストがあるシステムと比べ、ある程度余裕を持った準備が可能です。

質問一覧に戻る

アイルでは、目標設定や計画が重視されるようですが、自立できていないうちの子にそういったことが可能でしょうか。

自立させていくためのステップを指導しますので、ご心配は不要です。
アイルでは、毎回のテストの後、「羅針盤」という目標設定・計画立案の専用シートを使って、2週間ごとの目標や計画を立てさせています。
その際、講師が一方的にすべてを決めるのではなく、「そっと後ろから背中を押してやる」形で、子ども達にちょっとした背伸びをさせるように指導しています。
ですから、すべてを子ども達に任せているわけではありませんが、子ども達にとっては「自分の立てた目標・計画」という実感を与えられるよう努めています。

質問一覧に戻る

テストの復習はすべて家庭でしなければなりませんか。

塾で復習のための準備をしてから帰宅していただきます。
COMPASSと呼んでいる到達度確認テストでは、テスト終了後、すぐに自分の答案コピーとフォローシートという採点用教材を使って自己採点を行います。フォローシートにしたがって採点していけば、テストの復習すべき設問だけでなく、テキストの見直し問題まで明示されていますので、ご家庭ではその範囲について復習するだけでかまいません。

質問一覧に戻る

チューターではなく、子どもを実際に指導している講師とお話ができますか。

もちろん、随時可能です。
アイルではクラス担任制をしいており、実際に授業を担当する講師の一人が担任を務めています。
また、クラス担任に限らず、室長や講師との面談も随時組むことができるようにしています。(年間予定として、2~3回の面談はあらかじめ設定しています)
さらに、「クラスミーティング(保護者会)」などを通じた情報提供にも積極的に努めています。

学習法を含めたアイルのシステムについて、より詳しく知る手段はありますか。

はい、ございます。
保護者の方には、「羅針盤 for Parents」という冊子を用意しております。
通塾時に必要なものから、各教科の学習法、宿題などの取り組み方、ノートの使い方、さらには各種お手続きの方法まで詳細に記しております。
また、各室長、クラス担任が保護者の方を常にサポートいたしますので、お気軽にご連絡いただけます。

質問一覧に戻る

VOICE -アイルってどんな塾?-